どこまで利用可能!?相続手続代行サービス

大切な人をうしなったばかりの中で、相続やお金の話はなるべく避けたいと思うのは当然です。
相続の手続は、落ち着いてからで構いません。
しかし手続には期限があるので、ゆっくりしている時間がないのも事実です。
そこで利用したいのが、相続手続きを代行してくれるサービスです。
では相続の手続代行サービスに相談すれば、どこまで承ってくれるのでしょうか。

代行サービスでは、相続人の調査を承ってくれます。
相続人の調査は簡単で誰でもできそうに思えますが、場合によってはかなり難しくなることもあります。
でも代行サービスでは専門家が承ってくれるので、問題ありません。

遺産分割協議書の作成サポートも、代行サービスは承ってくれます。
徒歩5分圏内に相続人が全員住んでおり、同じ食卓を囲むほど仲が良いのならば、代行を利用する必要もないでしょう。
でも相続人の中には遠くに住んでいるなどで、中々会えないという方もいらっしゃいます。
事情があり仲がよくないという方も多いでしょう。
遺産分割協議書は相続人全員で作成しなければならないので、難しいのならば代行を利用することをおすすめします。

銀行の預貯金解約などの手続・不動産名義の変更も、代行で承ってくれます。
銀行の預貯金解約などの手続や不動産名義の変更は、数ある相続手続の中でも、必ず済ませておかなければならないものです。
しかし銀行や不動産の相続手続は非常に面倒で、法律の知識がなければどうしようもありません。
1円・10円単位のお金ならばまだしも、時には数億円近いお金が動く手続です。
法律の素人が手がけるには、あまりにも大き過ぎます。

相続の手続を代行で承ってくれる所に頼めば、かなり楽にはなれます。
しかし何もかも任せっきりにしてしまうと、取り返しの付かないことになるので要注意です。
難しい手続に関しては、代行サービスを利用するのが1番です。
無理をしない範囲内で構わないので、できそうな手続に関しては極力ご自身で行うようにして下さい。