相続手続きの期限は?

相続の手続きは、ある程度落ち着いてから進めるのが1番です。
しかし手続きには法律的に期限が定められており、期限を過ぎてしまうと面倒なことになってしまいます。
相続の手続きまでの期限は、手続き内容によって違います。
専門家と期限について相談しながら、手続きを進めていきましょう。

相続発生時から3ヶ月以内には、相続方法を決めておきます。
相続方法を特に決めないのならば、財産を全て相続する「単純認証」になります。
しかし単純認証を選択すると、財産だけでなく借金を背負ってしまう恐れがあります。
ただ相続人は必ず、相続財産を受け継がなければならないという訳ではありません。
相続人にも選ぶ権利はあります。
ただし相続をするかしないかを選択するには、どういう相続財産があるのかをハッキリさせなければいけません。

相続発生から4ヶ月以内の期限が設けられている手続きは、所得税準確定申告です。
被相続人が不動産や事業などで収入を得ていたのならば、確定申告しなければいけません。
これを所得税準確定申告と言います。

では万が一にも相続の手続きが遅れてしまうと、どうなってしまうのでしょうか。
まず考えられるのは、借金の返済を要求されることです。
自身が背負った借金の返済であれば、まだ納得はできるでしょう。
でも自身が背負っていない被相続人の借金ならば、代わりに返済するように求められる場合があります。
例え相続をしなかったとしても、返済だけを求められる場合があるので要注意です。
また手続き期限を過ぎてしまうと、財産を自由に取り扱えなくなることもあります。
相続手続きをしないままでいると、財産は相続人共有のものになります。
例えば後になって相続した不動産を売買しようとしても、相続人の合意がなければできません。

相続の手続きは、落ち着いてからでも遅くはないです。
悲しみに暮れている中で、手続きを急かすのはあまりにも酷な話です。
でもそれぞれの手続きには、法律で決められた期限があるということだけでも、肝に銘じておいて下さい。