相続手続きを専門家にお願いしたい


 
相続手続きの際、役所は書類の隅から隅まで厳しくチェックします。そして少しでも間違いがあれば、ペナルティが課せられてしまいます。
相続の手続きを何回も経験しているベテランならまだしも、何回も経験するものではありません。ほとんどの方は生まれて初めての相続手続きになるでしょう。少しでも手続きを簡略するためにも、専門家の力を借りましょう。

相続財産に不動産があるのなら、司法書士が頼りになります。司法書士は登記の専門家で、不動産登記に関してはスペシャリストです。不動産登記は、司法書士に頼まずとも相続人だけで行うことはできます。不動産登記の方法については数多くのサイトで取り上げられているので、内容を理解しているのなら問題ないでしょう。しかし不動産登記の手続きはものすごく難しく、必要となる書類も膨大になります。場合によっては何回も何回も登記のために法務局へ足を運ばなければならず、想像以上に時間がかかります。
でも司法書士に頼めば、不動産登記の手続きはものすごく簡略されます。手続き内容はかわりありませんが、相続人の負担は劇的に軽くなります。

相続人同士でトラブルが起これば、弁護士が頼りになります。司法書士と混同される職業ですが、司法書士と弁護士は承る業務が変わります。司法書士は不動産登記を専門的に取り扱うのに対し、弁護士は法律問題全般を取り扱います。
遺産分割協議において、相続人同士が揉めたとしましょう。他の相続人が間に入って取り繕ったとしても、事態は益々悪化するだけです。でも弁護士であれば「法律」という武器を用い、トラブル解決へと導きます。相続トラブルを解決できるのは、弁護士のみです。また、将来的に起こり得るトラブルを未然に防いでくれることもあります。雲行きが怪しいと少しでも感じたのなら、早い目に弁護士に相談することをおすすめします。

相続税全般に関する手続きであれば、税理士が頼りです。税理士は、相続税に関わる全ての手続きを承ってくれます。相続税の計算は非常に面倒であるにも関わらず、1円の間違いが許されません。相続税の手続きは税理士に頼らず、自分達でも行うこともできます。相続税について書かれている書籍をしっかり読み込めば、何とかなるでしょう。しかし本のニワカ知識だけで1円の間違いもなく手続きを進めるのは、不可能です。
でも税理士であれば、相続財産を事細かくチェックした上で相続税の計算を行います。相続税の煩わしい手続きからも開放され、精神的にもかなり楽です。