相続手続き代行サービスを利用する際の相場は?

相続の手続を効率よく済ませるには、代行を承っている専門家に相談するのが一番です。
しかし専門家に頼るとなると、気になるのが相場です。
一体幾ら掛かるのか全く予想がつかず、不安に感じている方も多いでしょう。
そこで代行で任せる際、相続の手続には幾らかかるのか調査してみました。

相続手続一式を代行で頼んだ際に幾ら掛かるのかは、相続財産の総額が幾らあるのかによって大きく変わります。
代行を利用する際の価格は「代行による」としか答えようがなく、何とも言えないのが正直な所です。
でもどの代行でも共通して言えることは、相続財産の総額によって値段が変わるということです。
相続財産の総額が2000万円前後であれば15万円〜30万円、5000万円近くであれば20万円〜30万円あたりが相場と見ていいでしょう。
1億円近くなると、50万円前後はかかります。
ただしあくまでも全体的な相場であり、確実な値段ではないことを肝に銘じておいて下さい。

ただ相続手続きが最低でも15万円近くかかるとなると、さすがに「高い」と感じる方もいらっしゃるでしょう。
確かに安い買い物ではありませんが、代行ではなく相続人本人が手続をしても似たような金額になる場合があります。
例えば不動産の名義を変更するさいには、「登録免許税」が必要になります。
幾らかかるかは固定資産税の額によって大きく変わるものの、決して安いとはいえない数字です。
また戸籍などの書類を取りよせるにも、お金がかかります。
戸籍謄本の場合は1通につき450円・除籍謄本や改正原戸籍ならば1通につき750円かかります。
被相続人にもよるので何とも言えませんが、相続の手続には少なく見積もっても5通以上は必要になります。

もし代行を利用するのならば、自分達でどうしようもできない手続に的を絞った方が良いかもしれません。
そのためにも、相続にはどういう手続が必要かをしっかり把握する必要があります。
そして代行で頼む手続と自分達で行う手続を分けて、上手く利用して下さい。