銀行での相続手続き

相続の手続には、色々な種類があります。
何をどう手続を進めるかは、財産の種類にもよります。
ただ多くの人が関わることになるのが、銀行の口座の手続でしょう。
口座を所有していない人は、ほとんどいらっしゃらないかと思います。
詳細については銀行窓口か専門家に相談するとして、銀行口座手続の大まかな流れについてまとめました。

まずは、必要書類の準備からです。
戸籍謄本・相続人全員分の戸籍抄本・相続人全員分の印鑑登録証明書・手続する人の実印などが必要になります。
どういう書類を準備すれば良いのか分からない場合、銀行のウェブページに記載されています。
必要な書類が揃ったら、全て揃っているか確認をした上で提出になります。
提出する際には、被相続人の通帳・キャッシュカードも必要になります。
ただし注意していただきたいのは、口座凍結です。
銀行口座の相続手続きを済ませると、口座は凍結されます。
お金を引き出したくとも、引き出せなくなります。

ではなぜ、相続の手続をすると銀行口座は凍結されてしまうのでしょうか。
アカの他人ならばまだしも、血の繋がった間柄ならば名義を変えて利用しても良いはずです。
鍵になるのは、相続財産です。
銀行にお金を預けていても、預貯金は被相続人が築き上げた財産です。
財産は遺産分割の対象です。
もし口座を止めなければ、勝手にお金を引き出されて持ち逃げされる恐れがあります。
持ち逃げされるのを何としてでも防ぐためにも、口座を止めなければならないのです。

相続の手続きをすると銀行口座を止められるのなら、最初からしなければ良いのではと思われるかもしれません。
確かに手続きをしなければ口座は止まることがなく、使い続けることができるでしょう。
でも元々は被相続人の口座であり、相続人の口座とは別です。
相続人が口座を使えるということは、他の人も使えるということです。
他の人が使えるということは、銀行に預けた預貯金を全て盗み出すこともできます。
口座凍結は、大切な人が築き上げた財産を守るために行われます。