相続手続きで配偶者と子供の関係


 
相続手続きで必要となってくるのが、配偶者と子供の関係を明確にすることです。
相続において、法定相続人に指定されることが多いのが配偶者と子供です。
これに関しては、法律で定められているので、極力この関係は崩せません。
たまにドラマや映画で「資産のすべては寄付する」「財産は他人に遺す」というようなことを言っていることがありますが、それは原則として法定相続人のことを考えていません。
もちろん遺言書で言及している場合は、そちらを優先にするということもあります。
しかし、原則として遺言はあくまでも考慮すべきものというだけであって、法定相続人が受け取ることのできる遺留分も法律で決められています。
最低限の遺留分を受け取ることはできるので、そこは遺された家族も安心できます。
それはそのはずで、例えば被相続人が生前に再婚して、再婚した人がすべての財産を持っていくなれば、さすがに他の家族は納得できないでしょう。
資産の量によっても違ってきますが、そこはしっかり考えて分割しなくてはなりません。

遺言書を交えつつ、遺産を残された家族や遺族は、遺産分割協議を進める必要があります。
ここで、ようやく誰がどれくらいの相続をするのかという点を決めていきます。
ちなみに、この相続手続きに関しては、配偶者や子供がメインとなってくるので、そこは注意が必要となってくるでしょう。
まず、法定相続人の優先順位として、一番強いのが配偶者となっています。
その次に強いのが子供で、その下に両親や兄弟、孫が入ってきます。
このように、法律上はやはり配偶者と子供が、一番強い効力を持っているのです。
そのため、相続がある場合には、それらの方が中心となって手続きを進めていくことが必要です。
ただ、この手の相続の話では、相続放棄ということも出てきます。
相続放棄というのは言葉通り、相続を放棄するということで、もともとの相続すらなかったと認識されるものとなります。
つまり、相続するもの自体は各種分散されて多くなりますが、その分の税負担などは大きくなるということを理解しなくてはなりません。

状況によって、相続する配偶者と子供の関係にも影響が出てくるので、そこは事前に遺産分割協議などを行っておくことをおすすめします。
できる限りは、被相続人が生きている間に話し合っておくことが理想です。
しかし、そう現実は上手くいかないため、やはり相続人だけで被相続人の死後に話し合うということも多いでしょう。
その場合は、専門家などの力も借りてみてください。

相続手続きを専門家にお願いしたい


 
相続手続きの際、役所は書類の隅から隅まで厳しくチェックします。そして少しでも間違いがあれば、ペナルティが課せられてしまいます。
相続の手続きを何回も経験しているベテランならまだしも、何回も経験するものではありません。ほとんどの方は生まれて初めての相続手続きになるでしょう。少しでも手続きを簡略するためにも、専門家の力を借りましょう。

相続財産に不動産があるのなら、司法書士が頼りになります。司法書士は登記の専門家で、不動産登記に関してはスペシャリストです。不動産登記は、司法書士に頼まずとも相続人だけで行うことはできます。不動産登記の方法については数多くのサイトで取り上げられているので、内容を理解しているのなら問題ないでしょう。しかし不動産登記の手続きはものすごく難しく、必要となる書類も膨大になります。場合によっては何回も何回も登記のために法務局へ足を運ばなければならず、想像以上に時間がかかります。
でも司法書士に頼めば、不動産登記の手続きはものすごく簡略されます。手続き内容はかわりありませんが、相続人の負担は劇的に軽くなります。

相続人同士でトラブルが起これば、弁護士が頼りになります。司法書士と混同される職業ですが、司法書士と弁護士は承る業務が変わります。司法書士は不動産登記を専門的に取り扱うのに対し、弁護士は法律問題全般を取り扱います。
遺産分割協議において、相続人同士が揉めたとしましょう。他の相続人が間に入って取り繕ったとしても、事態は益々悪化するだけです。でも弁護士であれば「法律」という武器を用い、トラブル解決へと導きます。相続トラブルを解決できるのは、弁護士のみです。また、将来的に起こり得るトラブルを未然に防いでくれることもあります。雲行きが怪しいと少しでも感じたのなら、早い目に弁護士に相談することをおすすめします。

相続税全般に関する手続きであれば、税理士が頼りです。税理士は、相続税に関わる全ての手続きを承ってくれます。相続税の計算は非常に面倒であるにも関わらず、1円の間違いが許されません。相続税の手続きは税理士に頼らず、自分達でも行うこともできます。相続税について書かれている書籍をしっかり読み込めば、何とかなるでしょう。しかし本のニワカ知識だけで1円の間違いもなく手続きを進めるのは、不可能です。
でも税理士であれば、相続財産を事細かくチェックした上で相続税の計算を行います。相続税の煩わしい手続きからも開放され、精神的にもかなり楽です。

相続に必要な手続きの一覧

相続の際には、色々な手続きが必要となってきます。
しかし、あまり知識がない方も多く、実際にはトラブルや問題を抱えてしまうことも多いです。
そもそも相続などはあまり人生でも経験することが少なく、経験したとしても初めての方が多いでしょう。
そのため、正直なところ必要となってくる相続に必要な手続きについても、知らないという方が多いです。
まずは、どのようなことをすれば良いのかという点を知っておくことが重要なので、それらの点について解説します。
そこを知っておけば、意外と手続きはスムーズに進むかもしれません。
ただ、必要な手続きを忘れていて、後々になってから「やばい」と思う方もいます。
そのため、わからないのなら最初から専門家に相談した方が良い場合もあります。
そこは自分で判断してみて、相続に必要な手続きができそうなら自分でやってみてください。
ただ、できないと思った場合は、変に手続きをしてしまうより、最初から専門家に丸投げてしてしまった方が安心です。

まず、相続が発生するのは、被相続人の死亡が確認されてからとなります。
被相続人が亡くなった場合、そこで初めて遺書などの調査が始まります。
もちろん、その間に葬儀などもしなくてはなりませんし、親戚や家族に伝えなくてはなりません。
そうしている内に、何をどのようにすれば良いのかわからなくなってくることも多々あるのです。
そこは十分に気を付けておくべきなのではないでしょうか。
なお、被相続人が亡くなった場合は、死亡届を提出し、遺書なども見つけて検認することが必要です。
遺書の検認が終わった場合は、遺産相続についての協議に入ります。
残された家族や遺族で遺産分割協議というものをおこない、そこで誰がどのように遺産を相続するのかを決めていきます。
ただ、場合によっては相続放棄したいと思う方もいるでしょうし、限定承認にしたい方もいるでしょう。
そういう場合は、遺産分割協議の前に申し出ておくことをおすすめします。
その後、遺産するものが決まった場合は、次に相続税の手続きをしなくてはなりません。
相続に必要な手続きの中でも、相続税の申告と納税は重要となります。
これが10か月以内までと決められているので、十分に気を付けておくことが必要です。

なお、何か不安なことがあれば専門家に相談してください。
弁護士や税理士、司法書士、行政書士などは強い味方になってくれます。
特に相続に必要な手続きでわからないならわからないままにせず、専門家に相談しましょう。

相続手続き代行サービスを利用する際の相場は?

相続の手続を効率よく済ませるには、代行を承っている専門家に相談するのが一番です。
しかし専門家に頼るとなると、気になるのが相場です。
一体幾ら掛かるのか全く予想がつかず、不安に感じている方も多いでしょう。
そこで代行で任せる際、相続の手続には幾らかかるのか調査してみました。
“相続手続き代行サービスを利用する際の相場は?” の続きを読む

手続を代理人に任せる時のメリットとデメリット

「遺産相続の争いはどうせ金持ちだけだろう」「貧乏なうちには関係ない」と、思っていないでしょうか。
「相続できる財産が少ないからなんとかなる」と思い込んでしまうと、後で痛い目に遭います。
万が一のためにも、専門家に相談するようにしましょう。
また時と場合によっては、専門家に代理人を頼むのも手です。
“手続を代理人に任せる時のメリットとデメリット” の続きを読む

どこまで利用可能!?相続手続代行サービス

大切な人をうしなったばかりの中で、相続やお金の話はなるべく避けたいと思うのは当然です。
相続の手続は、落ち着いてからで構いません。
しかし手続には期限があるので、ゆっくりしている時間がないのも事実です。
そこで利用したいのが、相続手続きを代行してくれるサービスです。
では相続の手続代行サービスに相談すれば、どこまで承ってくれるのでしょうか。
“どこまで利用可能!?相続手続代行サービス” の続きを読む

手続に必要な戸籍謄本

相続の手続に必要な書類は、手続の種類によって大きく変わります。
だからどういう書類を揃えれば良いのかは、「手続きによる」としか言いようがありません。
しかし戸籍謄本は、どの手続でも必ずと言ってもいいほど必要になる書類です。
では戸籍謄本はどうやって準備をすれば良いのか、何のために使われるのかについても取り上げます。
“手続に必要な戸籍謄本” の続きを読む

相続の手続は司法書士まで

相続の手続の中には、役所に赴いて行うものもあります。
しかし役所が対応しているのは平日のみで、休日には対応していません。
そのため相続の手続のためだけに、会社を休まなければならないことも出て来ます。
相続手続きは非常に複雑なもので、個人で進めるには限界があります。
そこで頼りになるのが、司法書士です。
司法書士に相談すれば、相続のありとあらゆる手続が楽に進められます。
“相続の手続は司法書士まで” の続きを読む

銀行での相続手続き

相続の手続には、色々な種類があります。
何をどう手続を進めるかは、財産の種類にもよります。
ただ多くの人が関わることになるのが、銀行の口座の手続でしょう。
口座を所有していない人は、ほとんどいらっしゃらないかと思います。
詳細については銀行窓口か専門家に相談するとして、銀行口座手続の大まかな流れについてまとめました。
“銀行での相続手続き” の続きを読む

相続手続きの期限は?

相続の手続きは、ある程度落ち着いてから進めるのが1番です。
しかし手続きには法律的に期限が定められており、期限を過ぎてしまうと面倒なことになってしまいます。
相続の手続きまでの期限は、手続き内容によって違います。
専門家と期限について相談しながら、手続きを進めていきましょう。
“相続手続きの期限は?” の続きを読む