相続の手続きで英語を使う場面


 
・相続で英語を使うことはほとんどない
相続の手続きで英語を使うということは、普通の家庭であればまずありません。
多くの場合は、日本人同士が結婚していて、その配偶者と子供が相続するというパターンが一般的だと言えるのではないでしょうか。
しかし、近年は外国人と結婚する方も多くなっており、実際に外国人が法定相続人になるということも珍しくなくなってきているのです。
また、その逆も然りとなってきていると言えるでしょう。
外国人と結婚したことによって、その相手が被相続人となるということもあります。
そうなってくると、相続の手続きで英語が必要となってくることもあるかもしれません。
基本的に手続きは日本なら日本、外国なら外国で法律が違うので、それぞれの国に準じた法律が適用されるようになっています。
ただ、日本で結婚して暮らしている方、日本人と結婚して海外で暮らしている方など、色々な条件があっても、日本人が関係していれば日本の法律が適用されることもあるのです。
そこはしっかり理解しておきたいところでしょう。
ただ、ほとんどの場合は必要ありません。
 
・外国人でも相続はできるのか
そもそも外国人であっても相続ができるのかという点について、疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。
これに関しては、結論を先に言ってしまうと可能なことは可能と言えます。
実際に日本人と結婚していた外国人であれば、日本の相続のルールが適用されるのです。
例え現在は離婚して諸外国に住んでいたとしても、日本の相続が可能となります。
つまり、外国人でも条件によっては日本人と同様に相続が可能となるわけです。
これに関しては法律によってしっかり守られているものなので、心配になる必要はありません。
ただ、日本語がまったく話せないという場合は、英語が話せる専門家などが必要となってくることもあるので注意しましょう。
 
・相続では専門家を活用
相続を考えているのなら、専門家を活用すると良いかもしれません。
そもそも英語が必要となる場面はほとんどありませんが、場合によっては外国人の方が相続しなくてはならなくなることもあるかもしれません。
そうなった時、言葉がネックとなることも出てくるでしょう。
近年はグローバルな案件に対しても対応している専門家がいるので、そういう専門家に相談してみると良いです。
常に丁寧に対応してくれる専門家がいるので、安心して相談してみましょう。